劇場の片隅でそっと囁く愛

とりあえず、主に今までのオタ活を振り返るブログです。

◇Jr.のファンでいるということ

※昔を思い出して書いてたら、びっくりの長文になった( ̄。 ̄;)

この記事を読んで、自分が好きだったJr.が公演途中から突然姿を消し、そのまま事務所を辞めてしまった過去を思い出しました。

辞めた後も、噂レベルで何をやっているらしいというのは入っていたのですが、公演途中と言う中途半端な最後だったことが悲しいし悔しいし、彼が笑顔で歌い踊る姿を観ることが出来ないことをとても寂しく思ってました。

数年後、劇団四季マンマ・ミーアにキャスティングされた事を知ったときは嬉しかったし、好きな作品でもあったので観れたらいいなくらいでしたが、何度か観に行ってました。

たまたま出演公演を観ることができて途中までは、出てる!嬉しい!だったのですが、エンディングに近いある曲(主人公が結婚を承諾する曲)のことです。
結婚を喜び、歌い踊る姿を見ていたら、自分でもびっくりするくらい涙が溢れてきて終演後しばらく経つまで止まりませんでした。
一緒に行ってた友達(元Jr.担)も私に貰い泣きしてるし、隣で観劇されていたご夫婦には何事?!とドン引きされてました。

彼には商業演劇の華やかな舞台の上で、笑顔で歌い踊っていて欲しかったんです。
ファンの勝手な希望ですが、それを叶えてくれた姿を実際に観ることは言葉では言い尽くせないほど嬉しいことだったんだと思います。
そして、自分で思ってた以上に笑顔で歌い踊る彼が好きだったんだと改めて気付きました。自分でも溢れてくる涙に驚くほどに(苦笑)
その後、彼は劇団四季を退団しましたが、今も商業演劇の華やかな舞台の上に立ってくれています。
過去に一緒に頑張っていた仲間と共演したとき、彼もその事を大切に思っていると語ってくれたこと、とても嬉しかった。

事務所を辞めたJr.にはバンド活動したり俳優とし頑張ってる人もいますが、芸能界自体から去る人や良くない噂を聞く人もいます。
池たん騒動については詳しくはわかりませんが、
池たんには、嵐コンのリハが始まってるにも関わらず、急遽代役で参加した自担のコンサートに最後まで付き合ってくれて嬉しかった思い出があります。
なので、彼の選択が今の彼にとって、または将来の彼にとってベストな選択であることを願ってやみません。